山を登るかのように

人生相談をお受けしています

 

人生はまるで山登りのようです。

そこに見える山に登ってみよう!と思って登る時もあれば、登ろうと思っていなくとも目の前に山がある場合もあります。

どんな山、いつ、誰と登るのか、それは、実はこの世に生まれてくるときに、大まかなストーリーをシナリオに書いて、自分でもってくるのです。

その事実に気が付くかどうかで、その山に向かう気持ちに変化が起きるものです。

 

準備運動をしてから、低い山で体調を慣らしてから、次の高い山を目指す人もいれば、

全く心構えもなく、道に迷いこむ人もいます。

そんなとき、今、自分はどんなところに立っているのか、

再確認が必要になってくるのです。

 

道なり順調に進んでいても、自然は雨を降らしたり、

地形が変化してあるはずの道が閉ざされていたりすることがあります。

しかし、そんなときそこでどうするのか、逃げずに次を決めることが必要です。

 

さあ、自分のいる場所を確認してみませんか。

 

どんな山であれ、たった一歩でも進むことをやめなければ、いつか必ず頂上へ到達するのが山です。

 

進むことをやめない、そう心に決めたとき、運や奇跡と呼ばれる体験が降り注ぐことがあります。

 

すべての道に

光がみえて 喜びにつながりますように・・・・・              空明